自転車保険どうしてる?

自転車が移動手段のメインだという人も
もう何十年も自転車には乗っていないという人も
こんにちは(^_^)/

最寄り駅までチャリで5分
途中のちょっときつい坂を
”絶対に負けるものか!!”
と自分に言い聞かせて立ちこぎで頑張ってます( `ー´)ノ

暦はもう4月
今年ももう4分の1が終わっちゃったんですよΣ(・ω・ノ)ノ!

年度の変わり目になると
学校から自転車保険の加入案内が来ませんか?

ということで、
ちょっと遅いかもしれないけど、
今日のテーマは
「自転車保険どうしてる?」

この時期になると、
毎年何人かの契約者(保険のね)の方から
「自転車保険はどうすればいいですか?」
って問い合わせが来るんです。
※私のお客さんて結構お金のこといろいろ質問してくるんです。
私って保険の担当としてもかなり使えると思うんです(*’▽’)

で、そんな時は伝えることは決まっているんです。

**********

『もし、自分のお子さんがけがをした場合の補償は必要なくて、
第三者に損害を与えてしまったときの補償だけ必要なら、
自動車保険に個人賠償責任保険(この保険が俗に言う自転車保険です)
を付けるのが安いと思います。
※お父さんでも、お母さんでもどちらかの車に個人賠償責任保険がついていれば家族全体が補償の対象になります。

お子さんのけがも保障したい場合は、
保障範囲の広い(病気もケガもOK)
coopの子ども共済+個人賠償責任保険(1140円/月)
が良いのではないかと思います。
割戻があるので、3年間で3万円ちょっとだと思います。

お子さんのケガの補償は欲しいけど
保険料を押さえたいのであれば、
学校から渡された商品のなかでは、
○○○○の補償をおすすめします。

個人賠償責任保険の範囲が他社よりも広くなっています。

3年間で2万円ちょっとなのでケガだけの補償にはなりますが、
coopより保険料は安くなります。

ちなみに我が家は、
子どもの医療費はほぼ無料だし、
万が一ケガをしても大きなリスクではないので
子ども自身の補償は必要ないと考えていますから、
自動車保険に個人賠償責任保険を付けています。
だいたい1年間で2,000円前後です。

現状、自動車保険に個人賠償責任保険が付いているかどうかは
特約一覧を見るとわかります。』

**********

みたいな文章を送っています。

保険は

「めったに起こらないけど、
起こった時のリスクが大きい場合に必要」

という観点から考えると
子どものケガは民間の保険で備える部分じゃないんですよね。

公的医療保険で十分なんです。

みなさんの自転車保険と言われている
個人賠償責任保険検討の際の参考になればと思います。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。
みなさんのお役に立てたら、私の自我が喜びます♬

ではまた(^_^)/