資金計画は老後から

老後は子どもの世話にならないようにしようと思っている人も
これだけ手をかけたんだから面倒を見てもらって当然と思っている人も
こんにちは(^_^)/

「子どもの世話にはならない!!」と言いつつ
内心、そうは言っても子ども自身が「任せて!!」
って言ってくれるのを期待していたるして(;’∀’)

でも、私はばばあシェアハウスがあるから大丈夫(^^♪

━━━━━━━━━━━━━━━
▼今日も老後のお話
━━━━━━━━━━━━━━━

今日は
『人生の安心のために必要な資金計画』
について。

子どもがいると、どうしても家族の中心は子どもで
お金の使い道も子ども中心になりがちだけど、
ホントにそれで大丈夫?
ってお話です。

だって、教育資金はいろんなところで低金利で貸してくれるけど、
年を取るとお金を借りるのが一苦労(´Д⊂ヽ

教育資金で手持ちの資金使い果たして
老後は全く資産無し・・・

なんてことになったら大変ですよね(・_・;)

人生全体を考えて、きちんと計画をたてることで、
老後の安心だけじゃなくて人生の安心にもつながるし、
貯める目的が明確になるから
計画的な資金管理ができるようになるんです。

老後に不安を感じている人が多いんだから、
そこの不安を取り除いて、
老後は安心だと思えれば、今も安心できると思いませんか?

だからこそライフプランを作って
どう貯めて、どう使うか考える必要があるんです。

━━━━━━━━━━━━━━━
▼老後の安心のために今できること
━━━━━━━━━━━━━━━

私自身も結婚が遅かったし
子どももちょっと遅めだったから
仮に下の子が大学に行くと
卒業するころには60歳になっちゃうんですね。

そこから老後の資金を貯めるって結構厳しい・・・

まぁ、老後の資金は子どもが独立してからでも全然問題ない
って人なら心配ないですけどね

では、老後や人生の安心のために
今みなさんができることって何だと思いますか?

ポイントは3つ

  • ねんきん定期便で夫婦の年金の金額を試算してみる
  • 退職金の額を大まかでもいいから把握しておく
  • 今の生活費から老後の生活費を予測しておく

老後は安心だと思えたら今も安心できるんです。
教育資金は今の時代かなりの低金利で借りることができるけど
老後資金はなかなか借りられないからこそ
人生にかかるお金は、老後資金から・・・
なんです。

でも、奨学金を借りなくても老後まで大丈夫なのか?
借りるならどれくらいが妥当かな?
なんて、ライフプランのシュミレーションをしないと
なかなかわからないんですよね。

老後の安心と人生の安心のためには
ライフプランと資金計画が結構大事です。

まずは夫婦の年金だけで老後は生活できるのか
ねんきん定期便で年金額を試算してみましょう!

それが面倒だと思ったら
個別相談をお申し込みくださいね。

今日も読んでいただきありがとうございます。
みなさんのお役に立てたら、私の自我が喜びます♬

ではまた(^_^)/