生命保険が必要なのはこんな人

自分や家族が加入している保険の内容を完璧に理解している人も
ほぼわかっていない人も
こんにちは(^_^)/

恐らく完璧に理解している人はいないと思うけど、
仮に理解していたとしても
理解していることと、それが必要かどうかは別問題
だと思っている
長野市のファイナンシャルプランナー
北村きよみです。

私はさすがに自分の入っている保険の内容は完璧に理解してます。

でも、年に一度必ず
「ご契約内容の確認で・・・」
って電話が来るんですよね

それも毎回違う人が
「今回北村様のエリアの担当になりました○○です」
って言ってね(*’▽’)

━━━━━━━━━━━━━━━━━
★生命保険に加入している人意外と多いんです
━━━━━━━━━━━━━━━━━

前に
「こんな人は掛捨ての保険はいらないよ」
というタイトルでブログを書いたんですけどね

今日は生命保険が必要な人の角度から書いてみます。

日本は「保険大国」なんて言われていますが、
どれくらいの人が生命保険に加入しているか知っていますか?

生命保険文化センターの調べによると
20代から60代の80%以上の人が
生命保険に加入しているんです。

このうちの何%の人が本当に必要で加入しているのかな?
って思ってしまうわけです。

本当は加入していない人の方が必要なんじゃないかな?
って思うんです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━
★生命保険が必要な人ってどんな人?
━━━━━━━━━━━━━━━━━

では、
生命保険はどんな人に必要なんでしょうか?

ちょっと表にしてみました~
かえってわかりづらいかも(^-^;


保険が必要な人は

  • 独立していない子どもがいる人で
  • 妻が扶養範囲内のパート収入や専業主婦だったり
  • 賃貸に住んでいて、どちらかに万が一のことがあった場合に帰る家がなかったり
  • 共働きで住宅ローンが残っちゃう

ざっくりいうと、こんな場合に必要になるんです。

夫婦で正社員の場合、
一般的には夫に死亡保障をかけると思われがちだけど、
意外と妻の方が死亡保障が必要なケースが多くなるんです。

掛捨ての保険が必要かも・・・
って人は、いくらの保障が必要なのか
ちゃんと試算をしてみましょう!!

あとは、
掛捨ての死亡保障が必要ない場合でも
投資信託や
つみたてNISAみたいな
運用を考えるのが苦手な人は
積立の保険を考えてみるのも選択肢の一つだと私は思うんです。

貯金をしているだけじゃ
ホント増えないですからね(*’▽’)

━━━━━━━━━━━━━━━━━
★生命保険の保険金額はちゃんと試算しましょう!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━

みなさんは
保険が必要な人ですか?
必要ない人ですか?

必要な人は
誰に
いくらの保障が必要ですか?

ちゃんと考えてみましょうね♬

私の家族に保険は必要なのかな?

確かめたい人はご相談ください

今日もあなたのお役に立てたら嬉しいです。

ではまた(^_^)/