パパブロックについて考えてみる

家計の実権は私が握っている・・・という人も
毎月定額もらうだけで後は全く分からない・・・という人も
こんにちは(^_^)/
#実はこんばんは

どちらが実権を握っていても、
管理していてもいいけど、
年に一度は夫婦で「お金会議」開いて
現状を共有してほしいな♪

今日のテーマは
「パパブロックについて」

そもそも「パパブロックって何?」って話ですよね。

私のところに相談に来る人って
圧倒的に女性・・・それも子育て中の女性が多いんです。

まぁ、子育て中の家族をターゲットとしているから
当たり前と言えば当たり前なんですが。

本当は夫婦で来てもらえると話が早いんですけどね。

で、ママ一人で相談に来て
家計の現状を聞いて、改善点をアドバイスするわけです。

そんな中で、家計の見直しで良く提案事項にあがるのが
保険、通信費、投資
なんですが、
家に持ち帰って説明すると、パパが
面倒くさいのか
リスクがあるのが怖いのか

「このままでいいんじゃない?」

となって前に進まないことが多いんです。

それを私は
「パパブロック」と呼んでいます。

みなさんにも身に覚えはないですか?

何か提案をしても
パパが「YES」って言わなくて
叶わなかったってこと。

普段からお金のことについて話しなれていないママが、
今日覚えたてのお金の知識で
パパに「ああすればいい」「こうすればいい」といったところで
納得できなくて当然だと思うんです。

本当は
夫婦で相談に来てもらうのが一番の解決策なんですけどね。

そうは言ってもなかなかそうもいかないですよね。

お金のことに限らず、
何か行動をしたいとき、パパの反対率を減らすためには
話をするときに
感情論ではなく、実際の数字を交えて話をしてみるといいんじゃないかなと思うんです。

▶これをすることでこんないいことがある

▶やらないとこうだけど、やるとこうなる

▶これをやることでこんなことができるようになる

投資とかつみたてNISAも
やらなければこれだけ貯めないといけないけど、
貯めればこれだけでいいとか

ちゃんと理論立ててメリットを話せば
理解してもらえたり
納得してもらえることもあると思うんです。

パパに何かをお願いするときは、
感覚で伝えるのではなく
論理的に話をしてみるといいかもしれないですよ(*^-^*)

上手に交渉して、
パパの理解を引き出しましょう!!

というお話です。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。
みなさんのお役に立てたら、私の自我が喜びます♬

ではまた(^_^)/