国民年金未納率30%の裏側

国民年金の未納期間がある人も
20歳からずっときちんと払っている人も
こんにちは

離婚してしばらくは、ちょっと厳しくて
国民年金を払っていなかった
長野市のファイナンシャルプランナー
北村きよみです。

でも、ちゃんと申請していたから
「未納」ではなく「免除」です。

「未納」と「免除」
大きく違うんですよ。

◆◇お知らせ◆◇◆◇◆

今週末です!!

子どもと一緒にお金について学ぶことができる
「親子で学ぶおこづかい会議」をオンラインで開催します。

おこづかい、どうしたらいいんだろう?

あげ始めたけどこれでいいのかな?

子どもがいる家庭でぶち当たる悩みですよね。

そんな悩みにお答えできます。

講座の詳しいことは・・・
http://reruco.net/events/20201018s/

━━━━━━━━━━━━━━━━━
★ ネットやテレビの情報は軽く聞き流そう
━━━━━━━━━━━━━━━━━

厚生労働省によると、2019年の国民年金保険料の納付率は69.3%だそうです。

ということは、30.7%は納めてないということですよね。

過去最低だった11年の58.6%からすると、だいぶ納付率は上がったけど
それでも30%納めていないと聞けば、結構多くの人が国民年金を納めていないと思っちゃいますよね。

で、
こんな情報から「年金が危ない!!」と思っちゃう人もいるようなんですが・・・

この数字ってからくりがあるんです。

この情報は、あくまでも自営業やフリーランスのような
第1号被保険者の未納率なんです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━
★ 本当の未納率は?
━━━━━━━━━━━━━━━━━

ちなみに、厚生労働省の報告によると
平成30年末時点で公的年金被保険者数は 6,746 万人だそうなんです。

そのうち、国民年金の第1号被保険者数(任意加入被保険者を含む)は、
1,471 万人

厚生年金被保険者数は、 4,428 万人

国民年金の第3号被保険者数(会社員の配偶者)は、 847 万人

ということは、第1号被保険者の割合は
全体の21.8%なんですよね

で、
第1号被保険者のうち、保険料を払っていない人は
割合から考えて約441.3万人

年金の被保険者全体の割合で考えると
6.5%なんですよね

第1号被保険者の中には免除されている人とか
特別猶予の人とかも含まれているから、
実際の未納率はもっと低くなるんです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━
★ 未納率的にはそんなに心配しなくてよくない?
━━━━━━━━━━━━━━━━━

国民年金の未納者が30%…ちょっと前は40%
なんて聞くと

「年金が危ない!!」

って思っちゃ受けど、
きちんと数字で考えてみると
さほど心配したことではないんですよね。

5%でも6%でも払うべきものを払わないのはよくないですけどね。

あまりテレビやネットの情報に惑わされず、

「ホント??」

とちょっと疑ってみることも大切かもしれませんね。

年金に不安がある方はご相談くださいね。
きっと安心できると思いますよ。

今日もあなたのお役に立てたら嬉しいです。

ではまた(^_^)/