待つ!!

せっかちな方も
どちらかというとのんびりな方も
こんにちは(^_^)/

電子レンジは残りあと5秒くらいで取り出してしまうことってありませんか?

そんな私はもちろんせっかちです(*’▽’)

今日のテーマは
「待つ」

待たせることはあっても
待つのって苦手なんですよねぇ~

ただ時間が過ぎちゃってもったいないと思っちゃう

でも、
私が待たせちゃってるときって
相手の時間を無駄にしちゃっているわけなんですよね💦💦

だから少なくとも遅刻はしない!!
5分前を目安に行動しようと心がけています。

責任感の強い人なんかだと15分前くらいに来てるかもしれないけど、
ごめんなさい!!
私は5分前です。

・・・って話がそれちゃいましたが(;’∀’)

━━━━━━━━━━━━━━━
▼最近何か気づいたことってありますか?
━━━━━━━━━━━━━━━

今日の「待つ」は
子どもが話し始めるのを待ちましょう!

「待つ」
です。

昨日は一日コーチングの勉強会で、
ブログを書いている時間がなかったので
今日に振り替えているわけなんですが・・・

昨日一日でとってもとっても大きな気づきがあったんです。

そのことはまた明日書きますが・・・明日かい!!

今日は昨日の学びの中で
そのことを初めて知った時に
「このことを子どもがもっと小さいころから知っておきたかった・・・」
と思ったことを
昨日改めて学んだので、それをみなさんと共有したいなって思います。

━━━━━━━━━━━━━━━
▼五感を通して世界を認識している
━━━━━━━━━━━━━━━

私が学んだ「NLP」では
五感を通して世界を認識している
と言われているんです。

五感とは・・・
視覚・聴覚・体感覚・嗅覚・味覚
※NLPでは体感覚と嗅覚と味覚を合わせて「体感覚」と言います。

人は五感全てを使っているけど、
優位な感覚があるんですよね。

みなさんは「海」ときいたら
最初に
・何が見えますか?
・何が聞こえますか?
・何を感じますか?

海と言われて、真っ先に思いついたものが
優位感覚である可能性が高いんです。

たとえば、
私は「海」と言われて最初に思いつくのが
青い海の水平線の向こうに1艘のヨットが見えたんです。
もちろんカラーで。

こんな私の優位感覚は「視覚」です。

みなさんはどうですか?

視覚優位な人は
イメージがありありと見えるんですよね。
カラフルなパラソルとか
海辺を歩いているカップルとか・・・

聴覚優位な人は
海風や波の音が聞こえたり
海関連の音楽が聞こえてきたり・・・

体感覚優位な人は
海風がほほにあたる感じとか
潮のにおいとか・・・

この優位感覚が違う人と話していると
なんとなく話が合わなかったりするんですよね💦

━━━━━━━━━━━━━━━
▼子どもの優位感覚
━━━━━━━━━━━━━━━

で、
子どもってまだまだボキャブラリーが少なかったりするから
体感覚優位なことが多いらしいんです。

体感覚優位の人って
感覚を言葉にするのに時間がかかったりするんですよね。

でも、
そんなこと知らなかったせっかちな私は

「何が言いたいの?」
「はっきり言ってごらん」
「ちゃんと言わないとわかんないよ」

なーんて
子どもに答えをせかしちゃってたんですよね~
反省反省(;・∀・)

そこまでなくても
子どもに答えをせかしちゃってることないですか?

子どもって体感覚が優位だから
言葉が出てくるまでにちょっと時間がかかるかも

待ってあげよう

そう思うだけで
子どもが今よりもずっと話やすくなるかもしれないですよ

あとは
「どんな感じがする?」
「どのへんで感じてる?」
なんて体感覚を聞いてあげる質問も有効かもしれないですよ。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。
みなさんのお役に立てたら、私の自我が喜びます♬

ではまた(^_^)/